もう旦那に興味ない・・・そんな場合の対処法とは

トップページ > もう旦那に興味ない・・・そんな場合の対処法とは

もはやすでに旦那に興味ない・・・

夫婦として生活していくうちに旦那さんへの興味を失ってしまったというあなた。決して自分を責めてはいけませんよ。恋愛感情はいつか薄れてなくなってしまうもの。ホルモンの関係で最長でも3年間しか持続しないのです。

実際に約6割の奥さんは「旦那に興味ない」と感じているのだとか。

確かに何年も一緒に過ごす内に相手の嫌な部分がどうしても目についてきてしまいます。恋愛中や新婚ホヤホヤの時期ならいざ知らず、お互いの全てを知り尽くした夫婦であれば、旦那さんへの興味がなくなるのも無理のない話であると言えるでしょう。

しかし、だからと言って即!離婚!と決めてしまうのは気が早すぎます。興味ないなりに上手く折り合いをつけて過ごしていくのが夫婦というものではないでしょうか?

そこで、旦那さんに興味をもてなくなった時の対処法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

旦那に興味ない・・・そんな時の対処法

熱々だった頃のことを思い出してみる

…冷めてしまった夫婦の熱を取り戻そう!ということで、2人っきりで旅行に行ってみてはいかがでしょう。子ども達のことも忘れて純粋に2人が楽しむための時間を過ごすことは仲の良い夫婦として大事なこと。夫婦の関係が完全に冷え切る前で、2人が愛し合っているなら効果的な作戦です。

旦那がいなくても1人の時間を楽しもう!

…興味が持てないなら無理に頑張る必要はありません。旦那さんとは家族として接することにして、1人で楽しめることを見つけるのもいいでしょう。例えば、趣味に打ち込むとか、友達とランチに行くとか…ただし、家庭内であなたが果たすべき役割を果たしていることが前提ですが。

もう無理…離婚してください

…何をどうやっても頑張ってもやっぱり旦那に興味ない。なんなら嫌悪感すら感じるというレベルなら、いっそ離婚を選択することもありかもしれません。しかし、その場合、不利になるのは離婚の原因を作ったほうだということをお忘れなく。

旦那とは離れたいけど、旦那の給料は欲しいというあなたに

「旦那に興味ないけど、旦那が稼いでくるお金が大好き」という現実的なあなた。それならば、離婚をせずに”別居”という道を選ぶのがベストな選択だと思われます。

別居とは言わば、離婚までの執行猶予期間です。別々の家に住んではいるけど夫婦、という状況なら旦那さんと財産を共有できますし、顔を合わせる機会もほぼゼロになるでしょう。別居してみて「やっぱり旦那が必要」と思えば別居を解消すればいいですし、仮に「やっぱり離婚よ!」となるのであればそのまま離婚の手続きに進めばいいのです。『別居している』という事実が離婚に有利に働くでしょう。

しかし、ここで一つ気をつけておきたいのが子どもの存在。あなたのお子さんが高校生か大学生以上なら、両親が別居や離婚をしてもそこまで影響は受けません。けれど、お子さんがまだ小さいなら両親が離れて暮らしているという状況が教育に悪影響を及ぼす可能性大。

お子さんを第一に考えるなら、そのまま仮面夫婦として過ごすしかありません。