喧嘩ばかりの家庭で育った子供の特徴とは

トップページ > 旦那とは喧嘩ばかり・・・仲直りする秘訣とは > 喧嘩ばかりの家庭で育った子供の特徴とは

夫婦喧嘩を子どもに見せない方がいいワケ

夫婦喧嘩も、本音のぶつけ合いと捉えればコミュニケーションの一つとして見ることもできますが、子どもの前となると話は別です。

夫婦仲の悪い家庭で育った子どもは将来、不幸になりやすいという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、夫婦喧嘩が実際に子どもに与える悪影響をご紹介します。

百害あって一利なし!子どもの前で夫婦喧嘩はNG

結婚に否定的になる

…喧嘩ばかりの両親を見て育った子どもは、結婚=楽しくないもの、辛いものと考えたまま成長してしまいます。その結果、結婚に否定的になったり、異性を嫌悪するようになるのです。孫の顔が見たければ夫婦喧嘩を子どもに見せるのはやめましょう。

精神疾患になりやすくなる

…争う両親の姿を見ることによって、強い恐怖や緊張を感じ、子どもがPTSDやうつ病などの精神疾患になってしまうことも…さらに、夫婦仲が悪い家庭で育った子どもは自殺率も跳ね上がってしまうのです。

身体の成長に支障をきたす

…夫婦喧嘩によるストレスは子どもの心だけでなく、身体の成長にも悪影響。ストレスと恐怖によって成長ホルモンの分泌が阻害され、健康に成長することができなくなるケースもあるのです。